会社員が消費者金融のキャッシングで借りられる限度額

消費者金融を利用する場合、所定の審査に通過する必要がありますが、会社員として働いている人に関しては「定職に就き安定した収入がある」という審査基準をクリアしているので、よほど他に特別な事情がない限りキャッシングを利用できないといった事態になることはありません。
会社員がキャッシングを利用していくらまでお金を借りられるのかという限度額については、その人の年収によって異なってきます。年収が300万円の人のいれば500万円の人もいるので、人それぞれに限度額が違ってくるのです。
消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため、利用者は年収の3分の1までの範囲内の金額が借りられるお金の上限となります。つまり、年収が300万円の人の場合には最高で100万円までお金を借りられるということになります。
ただしこの年収の3分の1という金額については1社ごとの数字ではなく、借りたお金のすべてが合計されることになるので、その点には注意が必要です。