キャッシングブラックについて

キャッシングを利用する際にはカードローンの申し込みが必要です。
この申し込みにおいて避けて通れないのが審査です。
自分が審査に通るか不安だという方は大変多いです。
審査の基準というものは明確にはされていませんから、心配になるのも無理はありません。
審査では申し込み時のさまざまなデータを基に判断されるのですが、一発でアウトになる可能性があるのがブラックリストの存在です。
皆さんも聞いたことがあるかと思います。

総量規制という法律により専業主婦は消費者金融には申込みできても審査は通りません。
銀行のカードローンならOKですが、申し込み金融機関が銀行か消費者金融か判別が付かずに申し込みをしている人がいます。
女性専用キャッシングやレディースローンなどの名前から区別せず申込んでしまうパターンも多いです。
これを繰り返すと申し込みブラックになります。

返済日を過ぎても一向に返済しない、つまり借り入れしたものを踏み倒してしまった場合にはブラックリストに載ってしまいます。
延滞などの金融事故は1度くらいではブラック入りはしないとされています。

しかし延滞が続いたり催促を無視したりしていれば必ずブラック入りとなります。
こうした事故情報は一定期間記録として保存されます。
さらに民事再生や自己破産などを行った場合はもっと長い期間記録が残ります。
いずれにせよ借りたお金を返さなかったという事実があるわけですから、信用情報にキズが付いても仕方ありません。
もしカードローンの審査の際にブラックリストに名前があれば審査に通るのは難しく、キャッシングはあきらめなければなりません。
ですから過去に金融事故を起こした可能性がある方やブラック入りしていないか不安な方は、一度信用情報を照会することもおすすめです。

この事実を確認しないままむやみに申し込みと審査落ちを繰り返していると、今度は申し込みブラック(多重申し込み)としても記録されてしまう危険があります。
キャッシングの申し込みは、以上の点をふまえて慎重に検討しましょう。